スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書く側は気になる

今週の旅のチカラはよかったなー。生活と一体化してるものが醸し出す、スマートさとは違う何かが好きです。
北欧スペシャルは楽しみだけど、録画手段がないので必然的にかぶりつきで観るしかないw


LOMを考える上で気になることは沢山あるんですが、近頃困ってるのが珠魅やドラグーンなどの不死身加減です。
イベントでは核以外の負傷は取り沙汰されませんが、「核が傷つかない限り死なない」ってどう受け取ればいいんだ…。
アルティマニアやサンドラのセリフにある「珠力」が関係ありそうだけど、珠力ってのは宿屋で寝れば回復する手合いなのか。生命力と魔力みたいなもんだろうと思ってるんですが。
核を癒やせる手段が涙石だけ、ということは、核が平常ならどんな傷も自然治癒できるということなの?
ドラグーンは、シエラのエピソードからすると再生能力が強そうです。単純にマナストーン÷人数、で繋がりの強さが決まるんでしょうか。風読み士の一部が生きていたことや、ラルクがマナストーンを扱いきれず暴走したことを考えると、マナストーンの力をドラゴンに仲介してもらっている、というのが近いのかな。
まあ瑠璃もラルクも普通に毒食らうし麻痺するし、あまり考えすぎないほうがいいのかもしれん……。
スポンサーサイト

メルフォお返事

湿布継続中。おかげでどんな時もケガした部分だけはひんやり涼しい…んが、不自由なのはそのままです。

久しぶりに、LOMの作成小屋で籠もってきました。
うろ覚えでも、原料が揃ってれば結構いけるもんですな。属性をテキトーに上げてたら、三十分ぐらいで運命の剣が攻撃力150ぐらいにめきめき上昇。でもまだ他の鍛えた武器と比べるとなんか貧弱…。作成上ですら、どう足掻いても威力でハンマーに勝てないというのは、ちょっと切ないですね。吸血剣があるからいいけど。

続きからお返事です。

続きを読む

あまのじゃく

novelに企画投稿作品をひとつアップ。

右手首を痛めて湿布中です。そんなわけで今、鉛筆もコントローラーも満足に握れません(泣)
腱鞘炎とは微妙に違うらしいのですが、使いすぎによるものだとか。来週また診てもらってきます。
不思議なことに、描けない時ほど何かしら描きたくなるんだよね………歯がゆい。

賢人に燃える

noteに考察一点、聖剣ブクマ一件追加


賢人たちのどこが魅力かって、ゲームでは悟りきっちゃってる風なのに昔は自分たちで戦っていたとかいうところがとんでもなくツボです。
迷ったり悩んだり、妖精戦争時代を走り抜いた末に今の彼らがある、と思いを馳せたその時から火がついてしまいました……!!
LOM世界の理屈でいけば、きっと彼らも「人間」のはずです。(一部違いそうな人もいますが)
どんなに思念を操れても、自分の言葉を全て実現できても、有り得ないほど長生きしてても、最初は「名もなき民草」だったんじゃないのかな。同一の彼らはともかく、準ずる者たちはそうだと思う。
アルティマニアでは解りづらいヒントにされていますけど(笑)、そう考えると、やっぱり主人公に近いところにいるのか。
LOM本編には、背景としてそこかしこにわだかまりが残っています。
しかし、戦火のどん底からその状態に這い上がるまでにも、相当の時を必要としたはず。オープニングでマナの女神がいう゛ようやく訪れた平和″のために賢人たちは奔走しただろうと思うのです。
ゲーム中で具体的に動かないのも、今の人々に直接決めて欲しいからなんだろうなー。
白紙に何かを描きだすのが主人公だとすれば、白紙に近い状態まで漕ぎ着けたのが賢人たちなのかも。
若かりし頃とか想像すると止まらない。
世界事典で賢人同士に明確な接点はないけれど、どこかで通じ合ってるものがあるといいよね^q^

しかし現代の彼らで話を書くと、動けない人が多すぎて悩むんだよな…。それ以前に、彼らと対等な人が少なすぎますorz
プロフィール

煎餅

Author:煎餅
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。